「姿勢、歪み、骨盤【井の頭整骨院】」カテゴリーアーカイブ

頭痛についてのお話し。

皆さんおはようございます!

今回は頭痛について突っ込んだ話を書こうかと思います。専門的な言葉も出てくるので分かりづらい部分もあるかと思いますがご了承ください。

まず初めに頭痛が起こる原因・・・

筋緊張、眼精疲労、ストレス(自律神経乱れ)、気圧変化、などが挙げられます(他にも色々ある)。そこで今回は筋肉と眼精疲労に注目してお話ししていきます。

・筋緊張性

板状筋、後頭直筋、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、頭半棘筋などの筋肉が硬くなってしまい頭痛を引き起こします。(上記に書いた筋肉以外にもありますが割愛します。)

・眼精疲労

VDT作業(パソコン、スマフォ、テレビ)によるもの。

画面などを長時間見たりすることで、三叉神経が興奮し三叉神経の近くにある大後頭神経も一緒に興奮します。(順序が逆の場合もあり。)大後頭神経が興奮すると筋肉の緊張が起こります。

近くを見たり、遠くを見たり、脳が眼のピントを合わせる際に神経の興奮が高まります。補足ですが・・・遠くを見ている時は副交感神経が優位になり、近くを見ている時は交感神経が優位になります。VDT作業により遠近を繰り返していると脳が混乱してしまい眼精疲労に繋がると言われてます。

上記で書いたものがどちらか先に起こり始めると頭痛の原因になります。

当院では頭痛に対する治療もやっていますので気軽にご相談ください。

腹式呼吸は重要!

皆さんこんにちは!今回のテーマは腹式呼吸について。

言葉は皆さんも聞いた事があるでしょう。では、実際どうやるの?なぜ故大事なの?と色々疑問が出てくると思います。

そこで今回はブログで分かりやすく説明していきます。

文章だけですと分かりにくい部分もありますがご了承ください。

腹式呼吸とは・・・息を吸う時にお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる。

なぜ大事か・・・腹式呼吸が出来ていない人は胸式呼吸になります。胸式呼吸は首、肩などの筋肉を使ってしまうので肩こりや背部痛などの症状に繋がり、本来呼吸に必要な腹筋や横隔膜を使えない(筋力低下)ことで腰痛などの症状も出ます。

これが原因で身体に悪循環が生じ色々な症状に発展していきます。

そして痛みはストレスであり自律神経を乱します。ちなみに慢性的な肩こりや腰痛も腹式呼吸が出来ていないためおこります。

上記で書いた内容は分かりやすくしているため実際はもっと細かい部分もあります。正しいやり方は実際に経験(説明)してもらいながら行った方が身に付きます。

当院の治療は必要に応じて呼吸の改善も取り入れながら行っています。将来的に痛みの出ない身体を作っていくのが当院の目標です。

どこに行っても変わらなかった症状があれば当院にご相談ください。

カイロプラクティックのススメ

背骨の中には「脊髄」という全身に行き渡る前の大元の神経が通っています。

背骨のゆがみはこの神経を圧迫し、脳から全身へ送られる命令や信号を阻害します。

背骨のゆがみを整えることで、脳から筋肉や内臓に適切な命令が届き、身体全体のはたらきが正常化します。

身体が正常にはたらく事ができれば、様々なストレスに対しても柔軟に対応できていろいろな症状を予防できます。

腰痛や肩こりの改善はもちろんですが、疲労回復やスポーツのパフォーマンス向上にもカイロプラクティックはオススメです。

 

生理痛と骨盤の関係

女性は月に1回、生理があります。子宮から不必要になった子宮内膜が排出される仕組みです。

骨盤の歪みがあると生理の痛みに影響します。
排出しにくい環境になり、排出されるときのかかる負担が大きくなります。

子宮は靭帯で骨盤と繋がっています。そのため歪んだ骨盤は子宮を必要以上に引っ張り、子宮自体を硬くします。

子宮は排出できるように筋肉で出来ています。でも筋肉は引っ張られると硬くなる仕組みがあります。
これは肩こりなどと同じ仕組みです。

生理痛がひどい人の骨盤が大きく歪んでいることが多いです。

鎮痛薬の服用も良いですが、骨盤を整えて薬を使わなくて済むようになれると理想的ですね。

当院では脊椎と骨盤を調整するコースも用意してあります。

まずはお気軽にご相談ください。

脊柱管狭窄症

こんにちは。今日は脊柱管狭窄症についてお話しします。

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。

加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者に多くみられます。長い時間歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる、「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。

加齢による骨や靭帯などの変性によって起こるほか、すべり症や椎間板ヘルニアなどの病気に続いて発症することもあります。加齢による変化に対応するのは難しいですが、日ごろから運動を心がけ、筋力をつけておくことや、労働、姿勢の悪さなどによる背骨への負担を減らすように心掛けておくことが大切です。

当院では治療はもちろんですが、改善するための日常生活の指導やアドバイスもさせていただきます!

肩こりと頭痛

こんにちは。今日は肩こりと頭痛についてお話しします。

肩こりが頭痛につながる理由

肩や首の筋肉の多くは頭の筋肉とつながっているため、肩こりや首のこりは頭痛に影響しやすいと言われています。特に首すじのこり、違和感がそのまま頭痛へと発展するケースが多く、頭に近い部分のこりほど注意が必要です。

このような頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれており、首すじや肩のこりによってその周辺の血流が低下することで、頭痛が発生すると考えられています。

肩こりが原因の頭痛を避けるための予防策

肩こりに伴う頭痛は、長時間机に座って仕事をするデスクワーク作業の方に多いので、姿勢から見直して根本的な対策をすることが有効です。椅子の高さやディスプレイの位置などを見直し、正しい姿勢を維持できるように、クッションなどを使うと良いでしょう。

また、正しい姿勢を維持していても、長時間同じ姿勢で作業をすると、肩や首に疲労がたまりやすくなります。定期的に姿勢を変えたり、カラダを動かしたりしてリフレッシュすることが大切です。

首のこりを改善するためのストレッチを行うことで、筋肉をほぐし血行が促進され、肩こりや頭痛予防が期待できます。

当院では肩こりの治療はもちろん、改善するための運動指導や生活指導もさせていただきます。

 

気圧と頭痛

こんにちは。

空が低気圧に覆われ雨が降ると(もしくは雨が降る前)、「頭が痛くなる」「体がだるくなる」といった体の不調を訴える人が増えるそうです。
こうした雨の日の頭痛やだるさは、低気圧によって自律神経(意思とは無関係に内臓や血管の働きを支配する神経)が乱れるのが原因ではないか?と推測されます。

雨を晴れにする力は人間にはありませんが、雨の日の頭痛やだるさを引き起こさないための対策としては、自律神経の乱れを極力防ぐ体になることが重要です。そのためには、自律神経の通り道である首や肩に過剰な負担がかかるような、悪い姿勢を正してみてはいかがでしょうか。

背骨や骨盤のバランスを整えて、神経のはたらきを正常化させるにはカイロプラクティックが一番です。

まずはお気軽にご相談ください。

産前産後のケア

こんにちは。

これから出産を控えた方や出産して育児に奮闘されている方もいらっしゃるかと思います。

女性は妊娠出産を機に身体のバランスや体調が大きく変化します。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ重心も変わってきますし、出産で骨盤が一時的に開く事で動きやバランスも変わります。

また、育児で前傾姿勢が習慣になると首や肩にも負担がかかります。

カイロプラクティックで骨盤や背骨の環境を整え、で筋肉の緊張を取り除き、お灸で血行や内臓のはたらきを改善しましょう。

お母さん方の出産や育児のために、井の頭整骨院が産前産後の体調をサポートさせていただきます。

 

 

☆三鷹台ワンコイン商店街☆参戦!

7月9日(日)に行われる「ワンコイン商店街」に井の頭整骨院は参加致します!

前回は「背骨と骨盤矯正」を皆さんに体験してもらうために参加し、雨の中にも関わらずたくさんの方が来院されました♪

今回の参加では「そもそも整骨院ってどんな所?」というのを皆さんに知って欲しいと思っています。

すでに来院いただいてる方はもちろん、整骨院を全く知らない方やおからだの不調に悩まれている方、商店街を歩き回って疲れてしまった方・・・など。お気軽に寄ってみてください!

この機会に治療を体験いただき、「整骨院」を身近に感じていただけたら幸いです。

背骨のゆがみについて。

背骨が定位置から少しずれると関節の機能障害を起こしたり、神経や血管を圧迫して痛みを引きおこしたりします。

さらには周りの筋肉や臓器の機能に影響を及ぼすこともあります。

背骨のゆがみは、日常生活の様々な行動や習慣によって引き起こされます。

例えば、「悪い姿勢」「長時間のデスクワークや立ち仕事妊娠」「出産」「家事」「育児」「外傷」「不眠」「ストレス」「激しい運動」「突然重いものを変な姿勢で持ち上げる」「肥満」「食べ過ぎ」「飲みすぎ」などなど、このような日常生活の様々な因子が、我々の背骨のゆがみを作ります。

また、背骨のゆがみが体にあると神経伝達が阻害され筋肉や臓器が正常に機能せず、ひいては人間の本来持っている自然治癒力がうまく働きません

その状態が長く続くと、我々の体の免疫力が低下し病気になりやすい体になります

背骨のゆがみは必ずしも痛みを伴いません。

つまり、我々の気づかないところで、体の不調の原因が作られているのです。
背骨のゆがみを除去して神経の働きを健全にし、元気で健康な生活を送るためには、定期的な調整治療を受けることが重要です。

当院では背骨のゆがみを視診・触診によって探し出し、それを手技で神経障害を取り除き、みなさまが自然治癒力を最大限発揮できるよう努めます。