交通事故に遭われた方へ。

どんなに気をつけていても交通事故に遭ってしまう事があります。

当院は交通事故によるケガの治療と保険会社への対応を得意としています。

患者さんが治療に集中できるように当院がお手伝いさせていただきます。

原則、交通事故によるケガの治療は無料です。

まずはお気軽にご相談ください。

     

転倒に注意。

この時期、悪天候が続き路面が滑りやすくなります。

履物を工夫したり、足元を気をつけたりしていても転倒してしまう事があります。転倒した直後は痛みを感じなくても、あとから症状が出てくる場合も多々あります。

ケガの治療は早ければ早いほど予後が良くなります。

転倒によるケガはもちろん、気圧や気温の変化による体調不良、湿度による頭痛やダルさなど・・・気になった際には後回しにせず早めに治療を受けられることをオススメします。

まずはお気軽にご相談ください。

    

筋トレのススメ。

適切にエクササイズを行い、筋力をつけておくことは日常生活でも十分に役立ちます。

今のうちから準備して、暑い夏に負けない身体を作っておきましょう!

筋トレのポイント

ポイント1【ターゲット】を意識する

筋トレを行う際に大切にしたいことは、鍛える目的・鍛える部位(ターゲットの筋群)をしっかり意識することです。なんとなく見様見真似で行うのではなく「何のために」「どこを」鍛えるのかを意識することが、効果的なトレーニングに繋がります。鍛えたい筋群の動きを確認しながら行うと良いでしょう。

ポイント2.回数と負荷

筋肉を鍛えるためには、日常生活で体験しているよりも高い負荷で筋トレを行う必要があります。「負荷」は重量だけに限らず、動作スピード・回数・セット間の休憩時間などで調節できます。

筋トレ初心者の方は、まずは15~20回・2~3セットを目安にして始めてみましょう。

ポイント3.超回復の原理

筋肉(骨格筋)を構成する筋線維は、負荷がかかることで一部が破断されます。この破断された筋線維が修復される過程を「超回復」と言います。

つまり、筋肉は「破壊」と「修復」を繰り返すことで育てられるのです。そして、筋トレで効率的に筋肉を育てるには「十分な休息」がカギとなります。

破壊された筋肉が回復するまでの時間(超回復期)は概ね48~72時間かかると言われているため、このサイクルに合わせてトレーニングを行うのが理想です。

(森永製菓ホームページより)

湿邪(しつじゃ)とは

東洋医学における病気の原因の一つとされています。湿度の高い時期に余分な水分や老廃物が溜まることで引き起こされる心身の不調のことをいいます。
東洋医学では体内に溜まった「湿邪(水の邪気)」が「冷え」を引き起こし、血液の循環が滞って代謝が悪くなるとされています。
主な症状として「体のだるさ・頭痛」「神経痛・関節痛」「むくみ」「胃もたれ・食欲不振」などがあり、湿度の上昇や気温差などのストレスから自律神経がうまく機能しなくなることが原因といわれています。
当院の経験豊かな鍼灸師がハリ治療と灸治療により「湿邪」による体調不良を改善いたします!
まずはお気軽にご相談ください。