ストレッチポール

みなさんご自宅でセルフケアをしたことがありますか?

一時期テレワークが増え、運動不足解消にランニングやウォーキングをする方が増えました。

ですがその一方でダイニングテーブルやこたつテーブルで仕事をする方が増え、それに伴い腰や首肩といった部分に痛みや不調を訴える方が多くなりました。

そこで活躍するのがストレッチポールです!!色々な運動方法やエクササイズがありますが、まずはこの上にあお向けで寝てみましょう!

以前にご紹介した姿勢や呼吸のエクササイズ、ストレッチがこれ一つでケアが出来ますよ(^^)/

手順は↓です

  1. 平らな床の上にあお向けで寝る
    • 背中が床に当たる感触を覚えておく
  2. ストレッチポールにあお向けで乗る
    • 膝と股関節を曲げて足裏を床につける
    • 手のひらを上に向けて手の甲を床につける
    • そのまま5分から10分ほどゆっくり深呼吸
  3. もう一度床に寝てみる

するとどうでしょう?

最初は床に点で当たっていた背中が、面で当たる感触が感じられると思います!!

忙しい毎日の中でも5分間乗っているだけでいいので、一度この感覚を体験してみるのはいかがでしょうか(^^)/

大事な「肩甲骨」。

「肩甲骨(けんこうこつ)」皆さんも名前は聞いたことがあると思います。

肩の痛み姿勢に関係する大切な骨です。

 

肩甲骨は背中側の肋骨の上に乗っていて、肋骨の上を滑るように動きます。

ちゃんと動くことも大切なんですが、意外と知られていないのが「正しい位置で安定している事」がもっと大切なんです。

俗にいう悪い姿勢。肩が前に入り背中が丸くなった状態だと肩甲骨が上に外側に行ってしまいます。

これは悪い位置での不安定な状態。

肩甲骨を正しい位置で安定させることは「肩の痛みやコリの改善・予防」「スポーツのパフォーマンス向上」など良いことだらけ!

当院では治療の一環として肩甲骨を安定させるための効果的なエクササイズを行っています。

呼吸の異常が猫背をひきおこす!!?

こんにちは井の頭整骨院の玉野です。

前回、上位交叉(猫背)のブログでお話しした呼吸について今回は話していきたいと思います。

とは言っても今回はそんなに専門的な事は書きません。

なぜかというと細かく話すととてつもなく複雑で、読んでいてもちっとも面白くないからです。

呼吸の沼にハマります(笑)

呼吸のお話をする前に、今回は結論からお話しします。

正しい呼吸の喪失が起こるとどうなる?

横隔膜・腹横筋の機能低下(本来呼吸で使われる筋肉)

横隔膜が硬くなり、扁平化する

肋骨外旋(リブフレア)春日みたいになる

肩甲骨前傾

猫背(上位交差症候群)

上肢の筋機能低下

結論で書きましたが

呼吸の異常は猫背と深く関わっているのです。

皆さん、普段僕たちは呼吸をして生きています。ですが自分が呼吸をしている!と意識している人は殆どいないのではないでしょうか?

良くヨガなどで腹式呼吸をしましょうと言われますが、この腹式呼吸とは一体どういう呼吸なのでしょうか。

まず鼻で思いっきり息を吸いましょう。(3秒くらい)

そして口で思いっきり息を吐きましょう。(8秒くらい)

・・・今あなたがやった呼吸が次に書かれている事に当てはまった場合あなたは正しい呼吸が出来ていないかもしれません。

  • 鼻で大きく息を吸った時に、胸が大きく膨らんでしまう。
  • 鼻で大きく息を吸った時に、首に力が入っている。
  • 鼻で大きく息を吸った時に、肩と顎があがっている。
  • 口で大きく息を吐こうとするが、5秒も吐けない。

いかがでしょうか?正しい呼吸が出来ましたか?

上記に当てはまるものが正しい呼吸ではないのであれば、正しい呼吸とはどういうものなのでしょう。

正しい胸郭呼吸システム

ドローイン(呼気)  腹横筋を使う

ブレージング(吸気) 横隔膜を使う

この二つの筋肉が正しい呼吸に使う筋肉で、その他の筋肉を使ってしまうのは誤った使い方です。

下部リンクから画像を開いて見てみてください。

呼吸に関わる筋肉

本来使うべき筋肉が機能低下を起こしている為に、他の筋肉達が代償的に誤った働きをしているのです。そして筋肉が硬くなってきて“肩こり”や“腰痛”などを引き起こします。

まずは硬くなってしまった筋肉をしっかり緩めた後、正しい呼吸が出来るように呼吸トレーニングをしていくことが猫背矯正になります!!

猫背姿勢になっていると、肩こりのみならず症状が酷い人だと頭痛やめまい、顎関節症、五十肩、吐き気、背部痛、腕のしびれなどの症状を引き起こしてしまいます。

もし現在このような症状でお悩みの方や、姿勢が悪いのが気になっているという方がいらっしゃいました、一度当院にご相談ください。

☆祝日診療開始☆

☆祝日診療のお知らせ☆

令和4年4月29日より祝日も診療させていただくことになりました。

受付時間10:00~16:00(予約優先)

 

※通常診療日に来院いただいている方も受け付けておりますが、施術料が異なりますのでご了承ください。

祝日の施術は玉野佐藤が担当致します。

受付時間等に変更があった際には事前にLINEやホームページで告知させていただきます。

何かありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

姿勢の崩れが身体全体に与える影響!

こんにちは。井の頭整骨院の玉野です。

 

 

 

 

 

 

 

いきなり姿勢の悪い人が2人でて来ましたね。普段立っている時、座って仕事をしている時にこんな姿勢になっていませんか?

まだまだ寒い日が続きますね。寒くて身体が縮こまったり肩があがってしまっている人も多いのではないでしょうか?

普段から姿勢が悪い方は余計に姿勢が悪くなっちゃいますよね!

姿勢の悪さを気にされてる方は多いと思います。自分では気づいていなくても、家族や友人、恋人などに「猫背になってるよ!」などと指摘されたりする事もありますよね?ある筈です(笑)

俗に言う「猫背姿勢」は見た目が悪いだけではなく、様々な症状を引き起こす原因になっちゃいます。

えっ?そんな事にも影響があるの?!というお話をご紹介します。

まず最初に猫背姿勢を僕らは「上位交差性症候群」と言います。皆さんお気づきだと思いますが上位交差性症候群があれば下位交差性症候群もあります。が、そちらはまたの機会にまたお話しします。

上位交差性姿勢と言われても聞きなれないので以降は猫背と言わせて頂きます(^▽^)/

猫背という姿勢を改めて図でみてみましょう。

はい、ドン!

 

ここでは猫背のお話なので

①あご、首、肩が前にでる                (前方頭位、肩甲骨外転・前傾)

②背中が丸まる(胸腰椎後弯)

に焦点を当てていきましょう。

この姿勢になってしまうと、体の筋肉はまず機能低下を起こします。要するに本来使わないといけない筋肉が、正しく使われていない状態になります。

そしてその状態が長く続くと結果として筋肉の短縮(たんしゅく)が起こります。短縮とは本来筋肉が持つ伸張性が欠如した状態のことです。

猫背になって機能低下を起こす筋肉はこちら。

①僧帽筋下部線維(これが一番使えていない、怠けキングです)

②前鋸筋

③椎前筋

④横隔膜(インナーユニット)

⑤腹横筋(インナーユニット)

短縮を起こす筋肉がこちら。

①後頭下筋群(首まわりのトラブルを起こします)

②斜角筋

③大胸筋・小胸筋

④広背筋(上半身で重要です)

⑤脊柱起立筋

この機能低下を引き起こしている筋肉でも横隔膜と腹横筋は重要で、この2つの筋肉は正常な呼吸に関わっています。

長時間にわたる不良姿勢→横隔膜や腹横筋などの機能低下→胸郭呼吸システムの異常→猫背

 

なので、猫背を指摘されて自分で意識して胸をはったりしても猫背を改善する事は出来ません。

猫背を治そうと思ったら正しい呼吸のシステムを取り戻すことが大切なのです!

 

また次回の更新で呼吸についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

三鷹市の接骨院【井の頭整骨院・鍼灸治療院】のブログ