夏休みのお知らせ。

8月9日(日)~8月13日(木)の5日間。

当院の夏休みのため休診とさせていただきます。

 

なかなか梅雨が明けず、蒸し暑い日が続いていますね。夏バテを予防・改善するためにも当院での治療をオススメします!

予約をいただければ待ち時間なく治療が受けられます。お気軽に来院ください。

 

友だち追加

ご登録いただくと予約が簡単です。

熱中症とマスク。

夏場のマスクの使用は熱中症のリスクを高めることが考えられています。

そもそも人は汗や呼吸で熱を発散して体温調節を行います。

ですが、マスクをしていると呼吸で身体を冷やすことが難しく、体温を上昇させてしまいます。

このように熱がこもりやすく発散しにくくなっているのに加えて、マスクによる加湿で口の渇きを感じにくくなるため、熱中症に気づくのが遅くなりリスクが高まると考えられています。

マスク着用は熱中症のリスクが高いということを念頭に置き、自分自身の体調を守っていきたいものです。

熱中症を防ぐには・・・基本的な熱中症対策はマスクの着用の有無によって変わりはありません。

まず最も大切なのがこまめに水分を摂ることです。水分を摂る時に一気飲みをしても、水分はしっかりと体内に吸収されていきません。また、のどが渇いたときに水分を摂ってはもうすでに熱中症になっている可能性があります。水分はこまめにゆっくりと摂ることが必要です。

特にマスクをしているとのどの渇きを感じない場合が多く、気が付いたら熱中症になっているという可能性もありますので、こまめに水分を摂るようにしましょう。

室内では冷房を活用し、室内を涼しくしておきましょう。

どうしても暑くて苦しい、めまいがするなど熱中症の症状が出ているという場合には人のいないところで一旦マスクを外して呼吸を整え、水分を摂って休むという方法もよいでしょう。

友だち追加

登録お願い致します!

冷房病にお灸を。

暑さも厳しくなり、冷房の効いた環境に身を置く機会も多くなっているかと思います。

冷房による冷えはさまざまな不調の原因になります。

たとえば身体の冷え過ぎによる自律神経の失調をリセットするには汗をかくことが大事です。

お風呂で汗をかいて湯上がりは汗を吸収させるものを着て自然に汗が引くのを待ちます。(自身の冷却機能で体温を調整させるためです)さらに軽いストレッチをするとより効果的です。
その後さっとシャワーを浴びて汗を流すとすっきりして翌日も元気に働けます。

冷房による身体のダメージを回復させるためには冷えとダルさを取り、胃腸の働きを良くするツボにお灸をすえましょう

     

当院は引き続き、換気・アルコール消毒等のウィルス対策も徹底して行っておりますので安心してご来院ください。

友だち追加

予約いただくと待ち時間なくご案内できます。

LINEやお電話でお気軽にご予約ください。