「整骨院」タグアーカイブ

肩の痛み。

寒い日が続いています。人は寒さを感じることで自然と肩に力が入り、呼吸が浅くなることがあります。

結果、首や肩にコリや痛みなどの症状が出ることが多くなります。

特に肩の痛みは肩そのものに原因が無いことも多いです。

当院では症状を改善するために様々な原因を考えます。

なかなか改善しない痛みに悩まれてる方はお気軽にご相談ください!

年末年始のお知らせ

年内は30日(水)の15:00まで受け付けております。

年末は混雑が予想されますのでお早めの予約をおすすめします。

新年は5日(火)9:00から通常通り診療いたします。

 

寒さも厳しくなってきていますので体調を崩さないよう当院でのケアを受けてくださいね。

友だち追加

LINEからのご予約はカンタンで便利です。ぜひご利用ください!

明日も通常通り診療いたします。

予報によれば台風の影響により今週末は悪天候になるそうです。

気圧や気温の急激な低下による体調不良悪い路面による転倒や落下物によるケガ・・・など。何かありましたら当院へ来院ください。

明日も通常通り診療しております。

予約優先ですので来院される前にご連絡いただくと少ない待ち時間で治療を受けていただけます。

当院スタッフ一同、来院をお待ちしております。

 

スマホと自律神経

近くを見続ける生活が自律神経のバランスを乱す。

目を酷使する生活によって自律神経のバランスが乱れ、頭痛や肩こり、不眠などのさまざまな不調を引き起こす人が増えています。

仕事で一日中パソコンに向かい、私生活でもスマホを見続ける生活が自律神経を乱す原因になります。

パソコンやスマホなど近くのものを見続けている間は目の周りの毛様体筋が緊張しています。交感神経が長時間働きっ放しになるため、自律神経のバランスが乱れやすくなるのです。

その自律神経を整える方法として「目を温める」ことが効果的であることが分かってきました。

まぶたを閉じ、蒸しタオルなどをのせて目を温めることで、毛様体筋が緩み、血流も良くなる。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整ってきます。

1日1分でも目を温める習慣を取り入れながら、目に優しい生活で不調を改善しよう。

1日1分、目を温めるだけで自律神経が整う!

[蒸しタオルで簡単に目を温める方法]

1.タオルを水でぬらし、固く絞る。

2.電子レンジで1分間、加熱する。

3.目をつぶり、まぶたの上に1分間以上のせる。

目をケアしながら自律神経を整える3つのポイント

[POINT1] 目に入れる光を暗くする

スマホやパソコンなどの強い光は交感神経の働きを高めるため、長く見続けていると自律神経が乱れやすくなる。画面を暗めに設定する、夜は暗めの部屋で過ごすなど、光の刺激を抑える工夫を。

[POINT2] 目の周りや体の筋肉をほぐす

目を酷使していると、目の周りや首、肩の筋肉が硬くなってくる。目を温めるなどして目の周りの筋肉をほぐすほか、首や肩をマッサージすることでリラックスし、自律神経が整いやすくなる。

[POINT3] 体のリズムを整える

不規則な生活や乱れた食生活を続けていると、睡眠の質が下がり、目の疲れも取れにくくなる。規則正しい生活とバランスのいい食事を意識することで、自律神経が整い、目の健康も保てる。

【目と自律神経に優しい24時間の過ごし方】

7:00 起きたら太陽の光を浴び、朝食は必ず取る

太陽の光を浴びることで交感神経が働き始め、朝食を取ることで消化器官が動きだす。体内時計がリセットされ、自律神経も整いやすくなる。朝、太陽の光を浴びると自律神経が整いやすくなる

8:30 通勤中は遠くのものを10秒ずつ眺める

スマホなど近くを見続けていると、目の周りの筋肉が固まりやすくなる。外を眺め、遠くの看板や木を10秒ずつ見るようにして、筋肉をほぐそう。

9:00 仕事開始前にパソコンの画面をやや暗くする

パソコンの画面は明るめに設定されていることが多いため、目が疲れやすくなる。画面の明るさは、業務に支障のない程度にやや暗めに調整しよう。

10:00 目を1時間使ったら遠くと近くを交互に見る

1時間パソコン作業をしたら、目の筋肉をほぐすストレッチを。3メートル先の時計と手元のキーボードなどを交互に5秒間ずつ、合計1分間見つめて。

11:00 トイレの個室内で1分間、目を閉じる

目を開いている間は、常に何かにピントを合わせている状態。トイレなどで1分間、意識的に目を閉じる時間を持ち、目の周りの筋肉を緩めよう。

12:00 ランチメニューに迷ったらサケ定食を

目の疲れに効く栄養素の摂取を。サケやイクラに含まれるアスタキサンチンは抗酸化作用が高く、目や脳の機能の維持にも効果的と考えられている。

15:00 目が疲れてきたら眼球を動かす体操を

目が疲れたとき、簡単にできるのが眼球を動かす体操。ゆっくり5秒間かけて眼球をグルッと回す。右回り、左回りを交互に計10回やってみよう。

17:30 スマホ画面は暗くして「下目」で見る

スマホ画面も「やや暗め」に設定を。顔は正面に向けたまま、目だけを下に向けてスマホを見ることで目に光が入りにくくなり、負担が軽くなる。

21:00 夕食後、テレビを見ながら首や肩をほぐす

日中にパソコン作業をしていると、首や肩もこりやすい。首や腕の付け根のツボを押してリンパの流れと血流を促進。リラックスして自律神経も整う。

・横を向き、向いたほうと反対側の耳の下にあるくぼみを指で5秒間押す。逆側も同様に。

・腕の付け根の前面に2本の指を当て、小さな円を描くようにして5秒間押す。逆側も同様に。

22:00 入浴中にホットタオルで目を温める

入浴中にお湯でホットタオルを作れば、気軽に目を温められる。副交感神経を優位にするためにも、40度下のぬるめのお湯につかるのがおすすめ。

23:00 部屋を薄暗くしてスマホよりも読書

夜は副交感神経が優位になるべき時間帯。強い光を浴びると交感神経が活発になるので、間接照明にして、スマホやテレビよりも読書でリラックス。夜は間接照明にして、スマホよりも読書でリラックス

24:00 夜更かしはせず、7時間睡眠は確保

目の疲労を回復させ、自律神経を整えるためにも、良質な睡眠は欠かせない。できれば、7時間睡眠は確保できる時刻にベッドに入ろう。

(WOMAN SMARTヘルス ホームページより)

 

自律神経のバランスを整えておくことは非常に大切です。

当院は自律神経を整える治療法にも力を入れています。

まずはお気軽にご相談ください!

ストレートネックとは

ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎(首の骨)が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です。

ストレートネックになると、体の約10%もある頭の重みが頸椎にまともにかかり、首周りにある筋肉や神経にも大きな負担を与えます。
首周りへの負担は、筋肉の疲労となり、首や肩のこりとして感じられます。

ストレートネックは治療により改善できる場合もあります!

悪い姿勢は首や肩の症状だけでなく、様々な症状の原因になりますので、しっかり治療しておきましょう。

当院にはストレートネックを改善する治療プログラムがあります!

お気軽にご相談ください。

休診のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中の休診について | 医療法人阡周会

9/20~9/22

連休になりますのでご注意下さい。

 

まだまだ暑さが残ってますので水分補給などして体調管理をしましょう(^^)/

連休明けは混みあうことが予想されますので事前に予約をお取りしとくとスムーズにご案内できます。

 

*患者さんの症状により時間がおしてしまう場合があり、予約時間にご案内出来ない場合もありますのでご了承ください。

 

本日は臨時休診致します❗ | オアシス整骨院

頭痛についてのお話し。

皆さんおはようございます!

今回は頭痛について突っ込んだ話を書こうかと思います。専門的な言葉も出てくるので分かりづらい部分もあるかと思いますがご了承ください。

まず初めに頭痛が起こる原因・・・

筋緊張、眼精疲労、ストレス(自律神経乱れ)、気圧変化、などが挙げられます(他にも色々ある)。そこで今回は筋肉と眼精疲労に注目してお話ししていきます。

・筋緊張性

板状筋、後頭直筋、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、頭半棘筋などの筋肉が硬くなってしまい頭痛を引き起こします。(上記に書いた筋肉以外にもありますが割愛します。)

・眼精疲労

VDT作業(パソコン、スマフォ、テレビ)によるもの。

画面などを長時間見たりすることで、三叉神経が興奮し三叉神経の近くにある大後頭神経も一緒に興奮します。(順序が逆の場合もあり。)大後頭神経が興奮すると筋肉の緊張が起こります。

近くを見たり、遠くを見たり、脳が眼のピントを合わせる際に神経の興奮が高まります。補足ですが・・・遠くを見ている時は副交感神経が優位になり、近くを見ている時は交感神経が優位になります。VDT作業により遠近を繰り返していると脳が混乱してしまい眼精疲労に繋がると言われてます。

上記で書いたものがどちらか先に起こり始めると頭痛の原因になります。

当院では頭痛に対する治療もやっていますので気軽にご相談ください。

自律神経の乱れ

皆さんこんにちは。

今回は自律神経の乱れについて軽く触れていきたいと思います。

夏の時期、外は暑く室内は冷房で寒い時もあります。この寒暖差が自律神経の乱れに繋がる事があります。乱れが生じる事により、気分の落ち込み(鬱など)、身体の不調(痛みが強くなるなど)、眩暈(めまい)、頭痛など色々な症状(個人差あり)が出る場合があります。症状が出始めるとそれがストレスに感じてしまいより悪化させてしまう可能性があります。そういった悪循環を断ち切るために治療が必要になるわけですが、当院では鍼・手技(マッサージ等)・特殊電療(マイクロカレント)等で自律神経治療を施術しております。

もし、この夏で体調の変化が出て困っている方がいればぜひ当院に一度ご相談ください。電話でもご来院でも構いません。

 

「ご予約」おすすめします。

こんにちは。暑い日が続いていますね。

この暑さのせいもあり、体調を崩されて来院される方も増えてきています。

患者さんをお待たせしないためにも当院では「ご予約」をおすすめしております。事前にご予約いただくと、ほとんどお待たせせずにご案内できると同時に症状に合わせた治療の準備を整えることができます。

どの曜日、どの時間帯でも予約を承っております!

「お電話で」「LINEで」「お会計時に」ご予約いただけます。

ぜひご利用ください!

友だち追加

登録いただくとご予約が簡単です!