HOME >
通常営業につきまして

当院は、国家資格の柔道整復師による健康保険を適用しての施術も提供しております。
また、自賠責、任意保険を適用しての交通事故治療といった緊急の対応ができる施設として指定されております。
緊急事態宣言が解除されましたが、新型コロナウイルス対策を十分に行いながら、通常営業させて頂いております。

当院のコロナウイルス対策につきまして
  • 消毒の徹底を行っております。
    1回の施術を終える毎にアルコール・次亜塩素酸によるマット類や空間の消毒とタオル交換。
    さらにドアノブ、お子様が手を触れやすいイスの脚の部分や棚の下段、床などの消毒の徹底をしております。
  • 院内の換気を徹底し、30分間隔で行っております。
    (寒さ等、患者様に不都合なことがあれば遠慮なくお伝えいただいております。)
  • ・これまで水曜午後と土曜午後のみ予約優先を、全ての診療時間内の予約を可能にしました。
    また、患者様を院内で極力お待たせしないため、混雑緩和のため、「LINE」「お電話」「窓口受付」でのご予約ができる様にしております。

患者様の不安なお気持ちに寄り添いながら、頑張って参ります!

  • どこに行っても良くならなかった「痛み」「しびれ」「だるさ」等の症状を改善し、健康で楽しい生活を送っていだだくために全力でお手伝いします。
  • 第一に症状を治し、再び症状を出さないように予防まで考えた施術を行います。
  • 何でも相談しやすい経験豊富なスタッフが揃っています。
  • おひとりおひとりの症状に合わせた施術を行っています。
  • 患者さんとスタッフで一緒に考えながら患者さんに合った施術計画を立てます。
当院の治療に対する考え方
LINEからのご予約
LINE
交通事故・むち打ち症治療
当院ブログ
むち打ち治療 交通事故医療情報協会

当院では症状を取り除くことはもちろん、その症状を引き起こしている原因まで改善する事を「治す」という考え方で施術を行っております。

具体的には、手技中心の人間本来の自然治癒力を引き出す施術を行ない、筋肉を緩めることが中心と位置付けています。

例えば、肩こり・腰痛の場合は、背中・腰の各筋肉を弛めた上で痛みの出ている局所の患部をさらに弛めて行きます。

同じ姿勢を長時間取っていることにより、各筋肉に負担がかかったり、血液の流れが悪くなることにより疲労物質が溜まり、痛みが出るのです。

当院では、手技(マッサージやストレッチを含む筋肉筋膜の調整、カイロプラクティックによる脊椎骨盤の調整)や医療機器(超音波やハイボルテージ、マイクロカレント)、鍼灸治療による施術によって痛みが出ている患部を弛めることで痛みを改善していきます。

また、患者さまお一人お一人の症状に合わせた施術を行いますので、マニュアル的な施術は行っておりません。

身体と心は密接に連動しています。当院では身体を正しくしつつ、心のストレスからも解放できる治療を心がけています。

そして、何より患者様自身の「治そうとする気持ち」が大切です。当院のアドバイスに従った生活を送られると治りが早くなることをこれまでに実証しています。

交通事故・むち打ち治療

当院は、交通事故治療に適切に対応できる院として、一般社団法人交通事故医療情報協会の認定を長年受けており、むち打ち等の臨床を重ね、研究に力を入れています。

病院・整形外科・整骨院からの転院が可能です。
また、自賠責の交渉等のご相談は無料で行っています。
お電話やご来院にてお気軽にご相談ください。

来院から治療の流れ

井の頭整骨院に通院して本当に良かった

私は井の頭整骨院に通院して本当に良かったと思っております。はじめは歩く事も辛く今では先生方の一生懸命な治療により歩く事が出来るようになりました。日頃、先生方の優しいアドバイスなどがとても良かったと思います。また院内のなごやかな雰囲気が気持ちの上でもとても癒されます。先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもよろしくお願い致します。 (匿名希望)

心も身体も健やかに戻れた事お礼申し上げます

最初はケガの深刻さに落ち込みましたが日々親身に細やかな治療に心も身体も健やかに戻れた事、ケガをしたときの知識(応急・予防など)もご指導くださった事、貴院皆様に厚くお礼申し上げます。ケガ治療中、心身ともに支えて頂けた「井の頭整骨院」が近くにあった事は大きな幸せでした。 (匿名希望)

技術力も高く信頼して体のケアを任せています

開院以来お世話になっています。スタッフの皆さん元気良く明るい雰囲気で入っただけで爽やかな気分になります。技術力も高く信頼して体のケアを任せています。
今後ともよろしくお願い致します。 (大岩 様)

患者様の声
<< 前のページへ戻る|▲ページ上部へ戻る
TOP
<< 前のページへ戻る|▲ページ上部へ戻る